脱毛Q&A

脱毛Q&A

Q. クリニックで永久脱毛したら、脱毛処理しなくて良くなるの?

A.  クリニックでの永久脱毛後には毛の処理が楽になり、肌を痛めるカミソリ等を使わなくてもよくなります。
永久脱毛の定義とは「最後の脱毛完了から一か月後の毛の再成率が20%以下であること」とされています。0%ではないので産毛や目立たない毛が生えてくることはありますが、施術前よりも手入れは断然楽になります。しかし、気になる毛が生えてきたからといって毛抜きで抜いたりカミソリで剃ったりすると毛根や肌を痛めることになりますのでシェーバーで優しく処理するようにしましょう。

 

Q. 全身脱毛を価格で比較するなら、どこが一番安い?

A. 各サロンやクリニックによって効果が出るまでの期間や、施術の値段の設定方法が異なるので、全身の一回分価格と1年間適切な最短期間で通った場合の価格を比較しました。

 

店舗名
全身一回分の価格
1年間通ってかかる価格
キャンペーン
サロン
ミュゼ
【回数制】
63000円※
(月額料金なしの全身1回分)
126000円
(全身脱毛を最短4回分通った場合)
※4回以上契約で半額の31500円

 

キレイモ
【月額制】
19000円
(月額9500円で2か月で全身1回分)
124000円
(全身脱毛を最短6回分通った場合)
初月無料

 

C3
【永久保証プラン】
22500円
(382400円を24回払いのプラン契約対象で3か月で全身1回分)
90000円
(全身脱毛を最短4回分通った場合)
9か月無料(2回払いの後払い)

 

脱毛ラボ
【月額制】
23880円
(月額1990円で12か月で全身1回分)
23800円
(全身脱毛を最短1回分通った場合)
12か月無料(月額制プラン契約のみ対象)
クリニック
湘南美容外科
72560円
(435370円のプラン契約時の全身1回分)
290240円
(全身脱毛を最短4回分通った場合)
初回トライアルで全身脱毛一回59800円

 

リゼクリニック
59800円
(299000円のプラン契約時の全身1回分)
239200円
(全身脱毛を最短4回分通った場合)

 

まずサロンとクリニックでは料金がかなり違います。クリニックの方が脱毛効果が高いといわれていますが料金が高い設定になっています。
一方サロンの月額制の良いところは、初期費用が安く始められるところです。しかし定期的に通わないともったいないですよね。回数制にすると、通った分だけかかる仕組みとなり、回数も個人で選ぶことができます。永久保証プランは初期費用がかかりますが、ローン支払いもでき、納得いくまで通い続けることができます。

 

Q. 脱毛サロンで勧誘されたときの対処法を教えて!

A. 最近の脱毛サロンではしつこい勧誘は減っています。なぜなら、しつこい勧誘を受けたことがお店の評判を下げてしまうことにつながるからです。サロンのWEBサイトでも店の約束として「勧誘なし」と明記していることも多いです。
しかし、カウンセリングの内容によっては、他のプランなどをおすすめされる場合もあるかもしれません。このプランしか契約しないと決めてからカウンセリングに向かうか、スタッフの方とよく相談して自分の納得のできる形で契約できるようにしましょう。万が一、納得のいかない形で契約してしまった場合でも8日以内であればクーリング・オフ制度を利用することもできます。

 

 

Q. 脱毛サロンの〇か月間無料って、どうして無料にできるの?

A. 例えば、脱毛ラボは12か月無料、C3は9か月無料のキャンペーンが話題になっていますね。なぜ無料にできるかというと、脱毛サロンによってそのからくりは様々です。
◆脱毛ラボの場合は月額制プランのみ適用される
全身48か所のうち一回で施術できるのは1990円で4カ所です。ということは12か月間かよってやっと全身一回分の施術になるということですね。値段にすると1990×12=23880円が無料になります。
しかし、このキャンペーンは月額制の申し込みに限るようです。月々の支払いは2000円で済むので初期費用が安く始めやすいように感じますが、全身一回分に一年かかり、全身の脱毛を完了させるには18回分は施術を受けることが目安となっており、このペースで続けていても満足のいく結果になるまでに18年もかかってしまいます。トータルでかかる金額も莫大になってしまい、12か月の無料期間にあまりメリットは感じられません。月額制以外にもスピードコースなどいろいろなプランがあるようですので、無料キャンペーンだけに惹かれて契約するのではなくプランを吟味する必要があります。
◆C3の場合は無料ではなく2回払い契約の9か月後にまとめて支払い
9か月無料といわれていますが、実質無料ではありません。まず広告に謳われている、「C3は月額7500円で施術ができる」というのは「382400円(税抜)のコースを24回払い+ボーナス払い×4で契約した場合の月々のローン支払いの額」のことで、月額制ではありません。
9か月間無料のからくりは、この分割払いを2回払いにした場合のことです。9か月後に382400円の半額を支払わなければなりません。初期費用がかからず9か月間は支払い無しで施術を受けることができるということです。
無料キャンペーンはお得のように感じてしまいますが、そのからくりを知らずに契約してしまうと後々に「こんなはずではなかった」という結末になりかねないので注意が必要です。

 

 

 

Q. 脱毛を早く完了するには、どうやって脱毛サロンを選べば良い?

A. 脱毛サロンは全国に多店舗存在します。その中でも一回の施術で全身、もしくは1/2、1/4など範囲が異なります。また来店ペースも月に1回以下のところもあれば2〜3か月空けて来店するサロンもあります。
できるだけ早く全身脱毛を済ませたい方は「一回の施術で全身ができ、来店ペースが短いサロン」を選ぶ必要があります。

 

 

 

Q. クリニックと脱毛サロンの使い分けのポイントは?

A. 永久脱毛を目指すのであれば金額が高くてもクリニック等の医療機関をお勧めします。しかし、効果が高い反面金額は高めの店舗が多いです。永久脱毛を目指すには回数を重ねる必要がありますので、金銭的にも長く通いやすいところを選びましょう。
脱毛サロンでは比較的金額が安く全身脱毛ができます。しかし脱毛サロンで扱っている機器では、毛が薄くなり手入れが楽になりますが永久脱毛ほどの効果は期待しにくいです。また適切な時期に続けて施術を行わなければ、毛周期に沿ってまた毛が生えてくる可能性があります。

 

 

 

Q. 結局、どの脱毛サロンを利用したら全身脱毛が早く終わるの?

A. 脱毛サロンの機器も最新のものを使う店舗が増え、施術にかかる時間が短縮できるようになったので以前よりも多くの部位に照射できるようになっています。
その中でも「脱毛ラボ」は、全身1回済ませるのに4回通わなければなりませんでしたが、現在は1回を一日で済ませ、月1回ペースで通える「スピード全身脱毛48ヶ所」プランができたそうです。個人差もあるので完全に脱毛ができるかどうかの保証はないですが、結婚式や夏までに、という目標がある人はこのようなプランがおすすめです。

 

Q. 家庭用脱毛器と脱毛サロンの使い分けのポイントは?

A. 家庭用脱毛器と脱毛サロンにはそれぞれメリットとデメリットがあるので、より自分に合った方法を選ぶと良いです。

 

メリット
デメリット
家庭用脱毛器
1. 好きな時に脱毛できる。
2. 脱毛範囲や回数に制限がない。
3. 家族で使うことができる。
4. 手軽に部分脱毛できる
1. 手の届く範囲のみ脱毛可能
2. 付属品の購入が必要
3. 定期購入が必要
脱毛サロン
1. 手の届かないところまで脱毛できる
2. 肌へのダメージが少ない
3. アフターケアを行ってもらえる
4. 広範囲の施術が可能
1. 定期的に通う必要がある。

2. 予約が取りにくい
3. 生理時の対応
家庭用脱毛器は自分のペースで納得できるまで脱毛ができるのが最大のメリットです。しかし。家庭用の脱毛器は照射範囲が狭く、また一人で行うには限界があります。そのため部分脱毛をしたい場合には家庭用脱毛器を選ぶと良いです。
脱毛サロンは予約の取りにくさなどのデメリットはあるものの、専門スタッフの手によって脱毛施術が行われるので肌に負担なく脱毛を行うことができます。全身脱毛をしたい場合には脱毛サロンを選ぶと良いです。

 

Q. 光脱毛とレーザー脱毛は、どう違うの?

A. 光脱毛は脱毛サロン、レーザー脱毛はクリニックで施術されます。
脱毛により効果の高い医療レーザー脱毛は医療行為に当たるため、サロンでは実施できないことが法律で決まっています。それぞれの特徴は以下の通りです。

 

メリット
デメリット
光脱毛
・痛みを感じにくい
・価格が安い
・出力が弱いため永久脱毛はできず、回数がかかる
レーザー脱毛
・出力が強いため永久脱毛が期待でき、回数も少なめである
・痛みが強く出る
・価格が高い
医療レーザー脱毛は出力が強く、毛が再生する毛乳頭を完全に破壊することで永久脱毛の効果が期待できます。しかし、光脱毛は出力の弱いフラッシュライトを使用しており、波長がバラバラのため永久脱毛の効果は薄いです。

 

Q. サロンやクリニックで脱毛して、肌に悪影響がでないの?出た場合、どう対処してる?

A. 全身脱毛を行う際は必ずカウンセリングがあります。肌に心配のある人はその際にスタッフに伝えておく必要があります。また、サロンで脱毛施術を行う場合は毎回注意事項の確認があります。確認事項を守ったうえで肌に異変があった場合は、すぐに店舗へ問い合わせるようにしましょう。
脱毛の施術の際は熱を加えるため、施術部分に熱をもったり赤くなったりすることがまれにあるようです。特にデリケートゾーンなど刺激に弱い部分に出やすいので、その際は冷たいタオルなどで冷やして対処しましょう。

 

Q. 脱毛サロンで、今、最も優れた機械(脱毛手法)は何?

A, 脱毛サロンごとに様々な機器を使用しており、その効果や施術スピードも異なります。以前は全身の脱毛をするのにとても時間がかかっていましたが、2015年以降は連射式脱毛機を導入しているサロンが増え、施術時間が大幅に短縮できるようになりました。

 

C3
C3GTR(連射式脱毛機)
全身脱毛一回45分
ミュゼ
ミュゼ・エクスプレス(連射式脱毛機)
全身脱毛一回90分
脱毛ラボ
ラボ・マシンガン(連射式脱毛機)
全身脱毛一回60分
キレイモ
Piel(連射式でない従来のIPL脱毛機)
全身脱毛一回120分
全身脱毛にかかる施術時間でみると、C3で使用している連射式脱毛機が格段に性能も良いですね。
しかし、他社のサロンも含め、ライトが点滅して肌を滑らせるように照射する連射式脱毛機になってから、脱毛効果が落ちたのでは?という声もあるようです。その点、キレイモでは従来の脱毛機の最新式が使用されており、脱毛効果は高いといわれています。

 

Q. クリニックで、今、最も優れた機械(脱毛手法)は何?

A. レーザー脱毛機は大きく分けて3種類があります。

 

 

ダイオードレーザー

【メディオスターNeXT PRO】

・美肌効果やシミやほくろを薄くする効果がある。

・色黒肌や日焼けした肌や細い毛にも対応している。
・比較的痛みが少ない
・810nmの波長を使用している。

アレキサンドライトレーザー

【ジェントルレーズ】

・毛根のメラニンにのみ反応し、火傷が少ない。

・あざやシミ取り、ニキビ痕改善に効果がある。
・755nmの波長を使用しており、日本人に適している。

YAGレーザー

【ジェントルYAG】

・色黒肌や日焼けした肌にも対応している。

・810nmの波長を使用しており、肌の奥の頑固な毛根にも効果がある。

 

 

この3種類の脱毛機の中でも、特に最新なのが『メディオスターNeXT PRO』です。奥の毛根まで届く810nmの波長を使用しており、さらに痛みが少なくあらゆる肌質や毛質に対応できるという点で最も優れていると考えられます。


 
脱毛サロン 医療クリニック メンズ脱毛 サイトマップ